• えべっさんをプログラミングして動かそう!

    あらためて、
    参加者を募集します

    日時:2017/1/15(Sun) 13:00~16:00(※雪のため延期)

    2017/2/26(Sun) 13:00~16:00

    会場:神山コンプレックス(地図)

    何をするの?

    えびす廻しをモチーフにしたプログラミングスクールの体験教室です。

    パソコンを通して恵比寿人形に仕草を教え、台詞を吹き込み、シナリオに仕立てる体験を通してプログラミングを学びます。

    学習にはScratchというプログラミング言語を使います。

    誰がやってるの?

    プログラミングを教えるのはプログラミングスクールのメンターの方々です。メンターは株式会社TENTOによる講習を受けており、子供たちがプログラミングを学ぶ手助けをしてくれます。

    今回の授業では合わせてメンターとなっていただける方も募集しています。ご興味をお持ちの方は、下記ボタンのリンク先から是非お申し込み下さい。

    どんな取り組みなの?

    「若年層に対するプログラミング教育の普及推進」という総務省による全国プロジェクトの一環です。ここ神山では「阿波人形浄瑠璃をプログラミングして遊ぼう!」というテーマが採択され、四国では唯一の採択事業となりました。

    2016年12月8日に行った第一回目の授業については、徳島新聞さまにも度々ご紹介いただきました。

    えびす廻しって何?

    えびす廻しとは、お正月に家々を訪れて祝福の芸を披露する徳島・淡路の伝統芸です。「三番叟(さんばそう)まわし」や、「恵比寿かき」と呼ばれることもあります。1950年代には姿を消し、門付けで演じられることはほとんどなくなりました。現在では阿波十郎兵衛屋敷で見ることが出来ます。

    皆さんのご参加をお待ちしています。


    教える立場になりたい方も合わせて募集しています。

    Copyright 2014 | LandingSumo.com